酒豪の千鳥・大悟が憧れの芸人を告白 「肝臓は水で洗うのよ」の言葉に「いやー、憧れの先輩」

[ 2020年7月6日 22:45 ]

千鳥の大悟
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ、千鳥の大悟(40)が6日放送の日本テレビ「しゃべくり007SP」(後9・00)に出演し「憧れ」の先輩芸人について語った。

 酒豪で知られる大悟について、相方のノブ(40)は、「凄いんですよ、酒とか、まだ。ちゃーんと朝5時まで飲む。それで朝8時からロケとかも全然平気で」「目が真っ赤っ赤、ワシは1日キンメダイとロケするのか」とボヤいた。大悟はうなずきながら「飲酒ロケです」と認めつつ、「酒って飲んでいる時って気付かないじゃないですか。ほぼ飲んでいるときは水で、次の日『あ、酒やったんやな』って気付く」と話した。

 外に飲みに行くことが好きで、自宅ではほぼ飲まないとも。新型コロナウイルス感染拡大による自粛期間は、「ほぼ飲んでいないので、すごい体調いい時にほとんど仕事がなかった」と苦笑した。

 そんな大悟が「憧れ」と表現したのは、「全日本スナック連盟」の会長も務める浅草キッド・玉袋筋太郎(53)。以前、ロケで福岡に行った際に、玉袋と「朝の8時くらいまで飲んだ」という。

 その1時間半後となる午前9時半、帰途につくため空港を訪れたという。「さすがに飲みすぎたなって。そしたらスジ兄(玉袋)が2リットルのペットボトルの水を持って空港に現れて『大ちゃん、肝臓は水で洗うのよ』って言って」と振り返った。「いやー、憧れの先輩だなって」と続け、共演者の笑いを誘っていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年7月6日のニュース