「バック・トゥ・ザ・フューチャー」14・5% 公開から35年でも衰えぬ人気

[ 2020年6月15日 09:30 ]

日本テレビ社屋
Photo By スポニチ

 1985年にアメリカで公開され、世界的に大ヒットした映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」が12日、日本テレビ系「金曜ロードSHOW!」(金曜後9・00)で放送され、平均世帯視聴率は14・5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが15日、分かった。公開から35年を経ても愛される名作に視線が注がれた。

 同作は、全3シリーズで配給収入トップを独占した人気映画の第1弾。ロックとスケボーを愛する高校生・マーティがタイムマシンの車・デロリアンで、30年前にタイムスリップする物語。科学者のドクと協力し、クライマックスに向けて過去の世界でさまざまな行動を起こす。

 今回は「金曜ロードSHOW!」の公式サイトで募集した“みたい映画リクエスト”企画の第2弾として放送が決定。19日には「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2」、26日には「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3」が放送される。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年6月15日のニュース