氷川きよし 母のマニキュアを「塗ってました」 美への思い「『おかしい』って言われる筋合いがない」

[ 2020年6月15日 08:36 ]

歌手の氷川きよし
Photo By スポニチ

 歌手の氷川きよし(42)が13日放送のNHK総合「SONGS」(土曜後11・30)にVTR出演。美に対する感性について語った。

 インスタグラムでの美しい投稿が反響を呼んでいる氷川。子どもの時を「お母さんのマニキュアとか塗ってましたね」と振り返り、「興味本位でこっそり塗ってパッてしまった気がします。バレたらどうしよう』と思って」と話した。

 この美容への思いを「それが、ダメとか、やっぱりおかしくないですか?」と投げかけ、「やりたかったらやればいいと思うし。いちいちそれに対して『おかしい』って言われる筋合いがないというか。その考えがおかしい」とも。「一人一人違うから。自分が『やりたい』とか『これ、美しい』と思うことはやっていいと思う」と語った。

 さらに、自分らしさを感じることとして「ネイルをしたり、髪(のセット)をやったり、アイシャドーしてテレビに出てる」時を挙げ、「『自分だな』って思いますもんね。画面を見てて『あ、これ自分だよね』って思える」と明かした氷川。

 今後の自分自身の在り方としては「自分らしくですね」と、あらためて言い、「自分が着たいファッションとか、やりたい音楽をやっていいいかな」と話した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年6月15日のニュース