加藤浩次 アンジャ児嶋にエール「仲間に助けを求めていい」 自らの経験踏まえ

[ 2020年6月15日 10:01 ]

「極楽とんぼ」の加藤浩次
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ、極楽とんぼの加藤浩次(51)が15日、MCを務める日本テレビ系「スッキリ」(月~金曜前8・00)に出演。複数女性との不倫スキャンダルで活動を自粛した「アンジャッシュ」の渡部建(47)についての相方の児嶋一哉(47)の対応に言及。「いい仲間が児嶋の周りにいるから、そいつらに助けを求めていいんじゃないかな」とエールを送った。

 渡部の活動の自粛を受け、渡部がパーソナリティーを務めるJ-WAVE「GOLD RUSH」では、相方の児嶋が代役を務める形で出演。児嶋は同番組において、涙声で渡部の不倫について謝罪。さらに、コンビ内格差を気にするあまり渡部を叱れず、今回の騒動を引き起こしてしまったという自戒の念も述べた。

 加藤は、児嶋について「渡部に愛情があるんだなって感じがしましたね。やったことに対しては相当怒っていると思いますけど、ラジオ断ろうと思ったら断れるわけじゃないですか」と言い、「ラジオの冒頭10分ちょっと聞かせてもらいましたけど、ああいうふうに1人でしゃべるっていうのは、相方ですからやらなきゃいけないっていう人もいるでしょうし、相方でも別々なんだっていう意見もあるでしょうし、僕は児嶋、あっ大島、えっ児嶋?僕は児嶋さんの愛情を感じた」とボケながらコメントした。

 さらに「これから、わぁっと頑張ろうと思ったりとか、パッと1人の時に、もうやめようかなって思ったりする気持ちが交互に来ると思うんですよ」とし「僕もちょっと過去に経験あるからそうなんですけど、その下がった時に周りを見たら助けてくれる芸人とか、いい仲間が児嶋の周りにいるから、そいつらに助けを求めていいんじゃないかな。話したりして頑張ってもらいたいと思う」とアドバイスを送った。そして「児嶋の気持ちを大事にしながらね、あとは渡部がどんだけ変われるか」と語気を強めていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「竹内結子」特集記事

2020年6月15日のニュース