神田愛花 佐々木希は「渡部さんの愛情を妻として受け取っていた」 コメントから推測

[ 2020年6月15日 11:44 ]

フリーアナウンサーの神田愛花
Photo By スポニチ

 フリーアナウンサーの神田愛花(40)が15日、MCを務めるTBSの情報番組「グッとラック!」(月~金前8・00)に出演。複数の女性との不倫が原因で芸能活動を自粛することになったお笑いコンビ「アンジャッシュ」の渡部建(47)の騒動について言及した。

 神田自身も18年4月に、お笑いコンビ「バナナマン」の日村勇紀(48)と結婚した芸人の妻。渡部の騒動で、妻で女優の佐々木希(32)が出したコメントについて触れ、「佐々木さんの『夫婦でしっかり話し合いをしようと思います』というコメントで、渡部さんはちゃんとご家庭では希さんやお子さんに対しての愛情は日頃から示していたんだろうなと感じました」と感想を述べた。

 そのうえで「渡部さんの愛情を佐々木さんは妻としてしっかりと受け取っていたからこそ、今回の事が起きた時に話し合いなんかするところではないわよ!とはならなくて、ちゃんと話し合いをしていこうって気持ちになれたんだなと感じた」と続けた。

 さらに「推測なので間違っていたら申し訳ないんですけど」と前置きし「ご夫婦で今後、話し合いを進めていくうえで、なぜ家族に対して愛情があるのに、そういうことをしてしまったのかということを、カウンセリングなのか治療なのかわからないですけど、原因究明をされていくのかなと推測しております」とした。

続きを表示

「美脚」特集記事

「三浦春馬」特集記事

2020年6月15日のニュース