相葉、北海道ツアー中松潤に命を救われた!?「恐怖よ、俺からしたら」

[ 2019年4月18日 20:44 ]

「嵐」の相葉雅紀
Photo By スポニチ

 アイドルグループ「嵐」の相葉雅紀(36)が18日、自身たちがMCを務めるフジテレビ系「VS嵐」(木曜後7・00)に出演。松本潤(35)に命を救われたエピソードを語った。

 ツアーのため北海道へ訪れていた嵐のメンバー。翌日もコンサートが残っていることもあり、ホテルで体を休めていた。

 相葉は就寝中に尿意をもよおし、トイレへ。スッキリしてベッドへ戻ろうとしたが、間違えて入口の扉を開けて部屋の外へ。扉はインロック(自動施錠)されてしまい、締め出されてしまった。実は相葉の自宅だとトイレの右側が寝室。トイレを出た瞬間、自宅と間違えて“右側にある入口のドア”を開けてしまったのだ。

 相葉は就寝中とあって“パンツ1枚・Tシャツ1枚”という恰好だったため「(これでは)フロントにも行けない」とパニック状態に陥ったという。

 どうにもならないと判断した相葉は「ホテルの廊下で小っちゃくなって寝ていた」という。しかし、このハプニングが起こったのは11月。北海道の晩秋といえば、冬といっていいくらいの気温だ。こんな相葉を救ってくれたのが松本。夜中に偶然、廊下に寝ている相葉を発見したという。松本は「恐怖よ、俺からしたら。飲み物取りに行こうと思って廊下出たら…(相葉が)死んでる」と苦笑い。相葉は「(命を)救ってくれた。ありがとう」と、松本に改めて頭を下げていた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月18日のニュース