中島みゆき 松本潤主演ドラマの語りに決定「甘くない仕事だわとつくづく反省いたしました」

[ 2019年4月18日 16:38 ]

シンガー・ソングライターの中島みゆき(C)NHK
Photo By 提供写真

 「嵐」の松本潤(35)主演のNHK北海道150年記念ドラマ「永遠のニシパ ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~」(7月15日~、後7時半、NHK総合ほか)の語りがシンガー・ソングライターの中島みゆき(67)に決定したことが発表された。

 同ドラマは、大石静氏のオリジナル作品で、幕末の蝦夷地を調査して北海道の命名者になった松浦武四郎の人生を描くもの。

 北海道出身の中島は「思いがけず貴重な体験をさせていただきまして、感謝感激です」としたものの、「『なんで私がナレーション?』と考えても『たぶん北海道訛りがあるからかもね』くらいしか思い当たらず、覚悟不足で出かけて行きましたところ、現場ではとことんしつこくダメを出され、もとい、丁寧にダメを出していただきまして、甘くない仕事だわとつくづく反省いたしました。ありがとうございました」と“中島節”で苦戦した様子をコメントしている。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月18日のニュース