汗だく 九星隊「がめにラジオ」の初回公開収録「これからも挑戦のつもりで」

[ 2019年4月18日 05:00 ]

NHK福岡「がめにラジオ」の初回公開収録に臨んだ(左から)藪佑介、ゲストのゴリけん、山口託矢、中村昌樹
Photo By 提供写真

 九州発の男性アイドルグループ「九星隊(ナインスターズ)」が17日、4月から新MCを務めるNHK福岡放送局の人気ラジオ番組「がめにラジオ」の初回公開収録を福岡市内の同局で行った。

 2017年5月に結成された九星隊は、2000人の応募者から選ばれた藪佑介(22)、中村昌樹(22)、山口託矢(22)、大池瑞樹(22)による4人組。「九州の星になる」をテーマに、地元で精力的に活動を行っている。2018年1月にシングル「FLASH」でデビューを飾り、4枚のシングルを発売している。

 膝のケガでリハビリ中の大池を除く3人で初回収録に臨み、約60人の観客を前にかなり緊張した様子で番組はスタート。しかし、大池からの突然の生電話や、ゲスト出演した所属事務所「ワタナベエンターテイメント」の先輩・ゴリけんとの軽快なトークで盛り上がり、会場を笑いに包んでいた。

 観客の前でトークに加えライブも披露し、汗だくで初回収録をやり遂げたメンバーは、感想と今後の意気込みを口にした。「こんなにちゃんとしたMCは初めて。雰囲気がいいなかでやらせて頂けた。これからも挑戦のつもりで頑張りたい」(藪)、「緊張したが個人的には楽しめた。お客さんと一緒に盛り上がるような番組にしたい」(中村)、「回す立場なのにお客さんにも伝わるくらいテンパってしまった。反省点もあるが次に生かしたい」(山口)。

 この模様は4月26日午後11時から11時50分に放送。月イチで放送予定。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月18日のニュース