ポルノ・新藤晴一 巨人・丸に苦言「おちゃらけたパフォは古巣に対してどうなんだろう」

[ 2019年4月18日 12:39 ]

広島のユニフォームを着て、始球式をする「ポルノグラフィティ」の新藤晴一(16年10月撮影)
Photo By スポニチ

 プロ野球・広島の熱狂的なファンとして知られるロックバンド「ポルノグラフィティ」の新藤晴一(44)が17日夜、自身のツイッターを更新。今季、広島から巨人に移籍した丸佳浩外野手(30)の本塁打後のパフォーマンスについて苦言を呈した。

 この日、丸は古巣・広島を相手に5号2ランを放った。試合は広島が5-4で逆転勝利している。

 これを受け、新藤は「いいのよ、丸さん。現チームで全力を尽くして、HR打つのも。全然」としつつ「ただ、ダイアモンド一周した後のベンチでの『○!首カクカク』とちょっとおちゃらけたパフォは、古巣に対してどうなんだろうか?」と苦言。「嫌いになりたくないのよ。嫉妬なんでしょうか。#carp」と熱狂的なファンだからこその複雑な心境をつづった。

 さらに「日ハムに移籍した大田泰示さんは、ジャイアンツ戦勝利の時、お立ち台でお決まりのパフォーマンスを促された時、勘弁してください、と言ってたな、と」(一部修正)と投稿。巨人から日本ハムに移籍した大田泰示選手(28)を引き合いに出して疑問を投げかけた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月18日のニュース