石野卓球、瀧被告と「エロい話」

[ 2019年4月18日 05:30 ]

“許してニャン”ポーズをする「電気グルーヴ」石野卓球
Photo By スポニチ

 音楽ユニット「電気グルーヴ」の石野卓球(51)が17日、都内でソロ名義の音楽イベントを行った。

 相方のピエール瀧被告(52)が先月12日にコカインを摂取したとして麻薬取締法違反の疑いで逮捕(その後起訴)されて以来、初めて報道陣の前に姿を見せた。開演の約45分前に会場入り。車から降りるとカメラに向かって猫のようなポーズ。「瀧さんとどんなお話を?」との質問には「エロい話」と答えた。

 約3時間のDJイベント中は言葉を発しなかったが、瀧被告が制作に関わった電気グルーヴの曲も流したという。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月18日のニュース