明石家電視台 グラビアアイドルの親が登場、驚愕の暴露トーク展開

[ 2019年4月18日 21:09 ]

MBSテレビ「痛快!明石家電視台」に出演の)(左から)今野杏南と父・雅秋さん、清水あいりと父・一宏さん
Photo By 提供写真

 MBSテレビ「痛快!明石家電視台」(月曜後11・56)の22日放送は「実際どうなん!?グラビアアイドルと親」がテーマ。グラビアアイドルは今野杏南(29)、わちみなみ(24)、清水あいり(26)、籠谷さくら(19)、橋本梨菜(25)、神崎紗衣(26)、唐沢りん(30)、藤原亜紀乃(27)と8人とその親が登場し、驚愕の暴露トークを展開する。

 「正直、娘がグラビアアイドルになるのは反対だった」「娘の将来が心配で眠れない時がある」「娘のために親がとんでもない行動をした」のテーマで親と娘たちが本音トーク。MCCARTHYの明石家さんま(63)は「うれしいのか、心配なのか」と親心を推し量るが、グラビアアイドルになるのに反対だったという親は4人。女優を目指していた今野の父は「メチャメチャ賛成した」。反対派の清水の父・一宏さんは「雑誌に載るからと言われたので買ったら「何や、これ!?」というグラビアだったそうだ。

 「今でも反対」というのは籠谷の父・茂さん。中学1年で「全日本国民的美少女コンテスト」のグラビア賞を受賞。まだあどけない表情の娘と「全くグラビアと結びつかない。想像できない」と家族会議を開いて、どんなグラビアならOKかNGか真剣に検討したとか。デビュー当時の初々しいグラビア写真などを交えながらトークが展開する。

 「娘の将来が心配」という親は7人。「水着の面積がどんどん小さくなって過激になる」と心配する唐沢の母・美佐子さん。その一方で「娘のおかげでさんまさんと会えた」と大喜び。日焼けした肌が売りで「なにわのブラックダイヤモンド」と呼ばれる橋本の母・成美さんは娘の結婚を心配。だんだん過激な企画のオファーが増えていると心配する神崎の母・麻奈実さん。神崎自身は「20代できれいな身体を武器にすることをやりたかった」と言い放ち、さんまも「思い切ってるな~」とビックリ。清水の父・一宏さんは、護身用に娘に12年間、琉球空手を学ばせ黒帯まで取らせたが、最近、とんでもない特技披露に使っているらしい。他には驚愕のグラビアアイドルのギャラの実態、アルバイト事情も明かされる。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月18日のニュース