オードリー春日、お相手は09年に「FRIDAY」された女性 周囲に隠して愛を育む

[ 2019年4月18日 22:23 ]

お笑いコンビ「オードリー」の春日俊彰
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「オードリー」の春日俊彰(40)が18日放送のTBS「ニンゲン観察バラエティ モニタリング3時間SP」(木曜後8・00)に生出演。重大発表を行うとし、交際中の女性「クミさん」にプロポーズすると明かした。

 出会いのきっかけはお笑いコンビ「どきどきキャンプ」の“サトミツ”こと佐藤満春(41)の紹介。春日と佐藤が2人で食事をしている際に佐藤が電話で呼び出した。春日は第一印象について「アリかナシでいったらアリ」と上から目線で高評価。シャイな春日が珍しく自ら連絡先を聞き、1年後に交際を開始した。

 ドケチで知られる春日の初デートのディナーは1800円の焼き肉食べ放題。それでもクミさんは「元を取りましょうね!」と超乗り気。また訪れる人全員が目を丸くするほど汚い春日の住まい「むつみ荘」にも躊躇(ちゅうちょ)なく入る豪快さもあった。春日も「あれ(むつみ荘)は踏み絵。価値観が合うなと思った」としみじみ。その後、クミさんからのアプローチを受け交際に発展した。

 番組ではクミさんの理想のプロポーズを聞き出すために「どきどきキャンプ」佐藤が食事の場をセッティング。春日とモニタリングメンバーの木下優樹菜(31)は別部屋からモニターで観察することに。木下はテレビ初公開されたクミさんについて「IMALUちゃんに似ている」と反応した。

 放送開始当初は交際6年と説明していたが、実は08年4月に出会い、7月から交際をはじめていたという。同年の「M―1グランプリ」で一躍脚光を浴びる存在となったオードリーだったが、翌09年に春日がむつみ荘からクミさんと出てきたところを写真週刊誌「フライデー」に撮られてしまうスキャンダルが。

 迷惑を掛けてしまったと落ち込むクミさんのために、春日は「私の気持ちは変わりません」と告げ交際を継続。その後、報道陣の取材にも「連絡が取れなくなった」とウソをつき、相方の若林正恭(40)を含めて周囲にも事実を隠しながら11年に渡って愛を育んでいた。

続きを表示

この記事のフォト

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月18日のニュース