チュート徳井、登校拒否児だった過去「これ、行かれへんな、って…」

[ 2019年4月18日 10:13 ]

「チュートリアル」の徳井義実
Photo By スポニチ

 お笑いコンビ「チュートリアル」の徳井義実(43)が17日放送の日本テレビ「衝撃のアノ人に会ってみた!」(後7・00)に出演。登校拒否児だったという小学生時代のエピソードを語った。

 番組では、小学3年生の時にいじめが原因で不登校になった少女の半生を紹介。その際、徳井が自身も小学5年生の時に登校拒否児だったと明かし「友達とのトラブル。無視されたりして、“これ、(学校に)行かれへんな”ってなって。小5の後半は一切行ってなかった」と続けた。

 当時、家ではラジコンばかり作る日々で「ラジコンの腕だけは異常に上がっていった」と今では笑顔で回顧。家族も理解があり「日ごろは、鬼みたいに厳しい親父だったんですけど、その時だけは『無理せんでええ』と言ってくれた」という。

 それでも、小学6年の春「ここままでは、あかんわ」と思い、始業式に行って不登校から脱出。同局・桝太一アナウンサーから「それが、テレビに出てここまで人を笑顔をする仕事をしているわけですから」と感嘆されると、徳井も照れくさそうにしながらも「こんな風になれるよ」と呼び掛けた。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月18日のニュース