モンキー・パンチさんへ「ルパン」声優陣が追悼 五ェ門「巨星墜つ」不二子「感謝」

[ 2019年4月18日 05:30 ]

モンキー・パンチさん(2015年撮影)
Photo By スポニチ

 人気アニメ「ルパン三世」の原作者で漫画家のモンキー・パンチ(本名加藤一彦=かとう・かずひこ)さんが11日に誤嚥(ごえん)性肺炎のため81歳で死去したとの本紙報道を受けて17日、アニメの声優陣に悲しみが広がった。ルパンの声を担当する栗田貫一(61)は「いつも笑顔の先生に救われていました」と人柄をしのんだ。

 栗田は「終わりのない不安とプレッシャーの日々の中、笑顔で接してくださる先生に救われていました」と事務所を通じ感謝と哀悼の意を表した。アニメ版が始まった1971年からルパンの声優を務めた山田康雄さんが95年、62歳で死去。山田さんのモノマネをしていた栗田が急きょ代役を任された。声優経験ゼロで思うように演じられぬ日々。「自分で見て、自分が一番気持ち悪かった」と周囲に話したこともあったが、モンキーさんの笑顔で「“何も心配するな”と守られていた気持ち」になったとした。モンキーさんの故郷、北海道浜中町では一緒にイベントに参加。「宝物にさせていただきます」とつづった。

 銃の名手、次元大介を第1シリーズから演じ続ける小林清志(86)は「もう少しこの、めくるめくルパン三世の世界で遊ばせておいてください」とコメント。77年の第2期から居合の達人・石川五ェ門を演じた井上真樹夫(80)は「巨星墜(お)つの感があります」。2011年のテレビ特番から引き継いだ浪川大輔(43)は「今は先生の作り出した世界が最高に色づくよう精いっぱいやり続けます」と悼んだ。

 セクシーなヒロイン峰不二子を第2期から演じた増山江威子(82)は「役者は作品との出合いが全て。峰不二子と出会えたこと、先生に感謝」。11年から担当する沢城みゆき(33)は「あのどこまでも穏やかな笑顔に、もう一度ごあいさつすることがかなわないのかと思うと残念」と別れを惜しんだ。

 ルパンの永遠のライバル銭形警部役を故納谷悟朗さんから受け継いだ山寺宏一(57)は「先生が生み出された銭形をしっかり演じていくことが恩返し」と、演技で報いることを誓った。

 《実写版」キャスト小栗旬「感謝、誇り」、綾野剛「優しい表情」》「2014年に公開された実写版「ルパン三世」のキャストも悲しみに暮れた。ルパンを演じた小栗旬(36)は「私にルパン三世をやらせていただけたことをとても感謝し、また誇りに思っております。作中で特別出演していただいた機内のシーンは私の中でも素敵な思い出です」と悼んだ。石川五ェ門役だった綾野剛(37)は「初めてお会いした日、モンキー先生はとても優しい表情で“あ、五ェ門がいる”と言ってくださいました。役作りをあれこれ考えていた私の不安を吹き消すような、エールのお言葉です」と感謝した。

 銭形警部役の浅野忠信(45)はツイッターにツーショット写真を投稿した。テーマ曲を提供した布袋寅泰(57)もインスタグラムで追悼した。

続きを表示

「美脚」特集記事

「連続テレビ小説「なつぞら」」特集記事

2019年4月18日のニュース