パカンパカン パの投手が見せたレアな安打 山崎福&上沢が投打で大暴れ

[ 2023年6月16日 23:05 ]

安打を放った(左から)上沢と山崎福
Photo By スポニチ

 交流戦の醍醐味?それとも珍味?普段は打席に立たないパの投手たちが16日、バットでも球場を沸かせた。

 神宮ではオリックス・山崎福也投手(30)が大暴れ。2回2死一、二塁で、ヤクルト先発・ピーターズのスライダーを巧みなバットコントロールで捉えて中前に運ぶ先制適時打を放つと、7回には3番手・今野のフォークを左前に弾き返し、マルチ安打をマークした。日大三時代に出場したセンバツで1大会個人最多安打記録を樹立した打棒はこの日も健在。「100点です」と自賛した。

 バンテリンDでは日本ハム・上沢直之投手(29)が1点を追う3回1死二塁、中日先発・小笠原のナックルカーブを強振すると、打球は左前へ。自身5年ぶり3本目の安打を放ち、加藤豪の同点中犠飛を呼び込んだ。

 バットで得点につながる活躍を見せた両投手は“本職”も全うし、ともに勝利投手に。投打でチームに貢献した。

 交流戦ならではの光景にネットも「やっぱりプロだな」「サチヤはさすが。上沢はまさか」といったファンの声で盛り上がっていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2023年6月16日のニュース