虎党株主またも本社株主総会に登場「アレを持続的に実現させてほしい」

[ 2023年6月16日 11:02 ]

<阪神阪急ホールディングス定時株主総会> 株主総会の会場に向かう人たち (撮影・須田 麻祐子)
Photo By スポニチ

 阪神タイガースの親会社、阪急阪神ホールディングスの株主総会が16日、大阪市内で行われた。チームが低迷すると、虎党株主が不振の責任を追及することも過去にはあった株主総会。今年は復帰した岡田監督の下、ここまで37勝22敗2分けと、セ・リーグ首位をキープしており、虎党株主の反応が注目されていた。

 株主質問のトップバッターとなった西宮在住の男性株主は「タイガースに岡田監督を復帰させたことを、まず心より御礼申し上げたい」と経営陣に感謝するシーンがあった。続いて「サステナビリティという意味でもアレ(優勝)を持続的に実現させてほしい。それに伴って、4万人が集まる甲子園を中心にした地域活性化に取り組んでほしい」と要望があった。

 これに対して不動産担当は「甲子園球場では甲子園プラスを開業して、球場を中心としたボールパーク構想を進めている。これからも地元に喜んでもらえるように取り組みたい」と活性化に取り組む方針を説明していた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2023年6月16日のニュース