亀山つとむ氏 輝は走塁の大切さをもっと感じてほしい 点を取れるところで取らなかったことが最後に響く

[ 2023年6月16日 07:00 ]

交流戦   阪神2―3オリックス ( 2023年6月15日    甲子園 )

亀山つとむ氏
Photo By スポニチ

 【亀山つとむ 視点】まさかの結末だ。9回に2発で逆転負け。点を取れるところで、しっかり取らなかったことが、最後に響く。これが野球だ。4回無死一、三塁から梅野のスクイズで、佐藤輝が本塁憤死。1点だけのリードで終盤に突入したことが、阪神には誤算になった。

 梅野はうまく一塁方向に転がした。いいバントだった。だが三塁走者・佐藤輝のスタートがあまりにも悪かった。スクイズサインなら論外。セーフティーだとしても遅すぎる。打球方向は走者にとっても見えやすく、スタートが切りやすい状況だった。準備が不足していたと言われても、仕方ない。前川の中前打を中川圭がファンブルしての三塁進塁も、緩慢な走塁でアウト寸前だった。チームの看板選手だし、走塁の大切さをもっと感じてほしい。安打も出ているが、まだ相撲で言う立ち遅れで始動のタイミングも合っていない。自身最長の92打席ノーアーチも準備不足だと感じる。

 最後に打たれた湯浅は、精神的なダメージが心配だ。頓宮へのフォークは全く落ちず、杉本には150キロを簡単に運ばれた。岩崎、加治屋や1軍に復帰した石井などで、当面は勝ちパターンを回さないといけないだろう。チームに必要な存在であることには変わらない。何とか試練を乗り越え、強くなってほしい。(本紙評論家)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2023年6月16日のニュース