また“偉業”を達成!大谷翔平が本塁打と被打率でトップ 1900年以降の近代MLBでは初の快挙

[ 2023年6月16日 14:04 ]

ア・リーグ   エンゼルス5-3レンジャーズ ( 2023年6月15日    アーリントン )

<レンジャーズ・エンゼルス>5回、ガルシアを三ゴロに打ち取りガッツポーズで引き揚げる大谷(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(28)は15日(日本時間16日)、テキサス州アーリントンで行われたレンジャーズ戦に「2番・投手兼DH」で先発し、投手では6回6安打2失点で6勝目(2敗)を挙げた。打っては第4打席に両リーグ最多に並ぶ22号を放つなど2打数1安打2打点。試合は5―3でエンゼルスが勝利した。

 6月はこれで54打数23安打、打率・426、7本塁打、16打点と絶好調の大谷だが、また一つ“新記録”を打ち立てた。

 大リーグ公式サイトのサラ・ラングス記者が自身のツイッターで「ショウヘイ・オオタニは1900年以降、本塁打と被打率(最低70イニング)の両方でトップに立った最初の選手である」とツイート。本塁打争いでナ・リーグのアロンソ(メッツ)と並び22本でトップに立った画像と、被打率・178で1位の画像を添付した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2023年6月16日のニュース