中畑清氏 巨人・中川が最大のヒーロー 緊急登板で完璧火消し

[ 2023年6月16日 05:30 ]

交流戦   巨人3―2西武 ( 2023年6月15日    東京D )

<巨・西>9回、中川はピンチを併殺で切り抜けガッツポーズ (撮影・西川 祐介)
Photo By スポニチ

 【中畑清 視点】最後は梶谷がおいしいところを持っていったけど、最大のヒーローは中川じゃないかな。9回、大勢が危険球退場という緊急事態に登板。しっかり準備する時間はなかったはずなのに、無死一、二塁のピンチを最高の形で切り抜けた。

 最初の打者、金子は鋭いスライダーでバントを空振りさせて追い込み、最後はワンバウンドになるスライダーを振らせて三振。走者をくぎ付けにし、続く古賀は内角の真っすぐを詰まらせて、三ゴロ併殺に仕留めた。緊急登板で最高の結果。完璧だった。

 左が中川なら、右は菊地。延長10回1死一塁で登板し、落ち着いた投球で無失点に抑えた。こんなふうに中継ぎが充実してきたら、落ち着いた野球ができる。「魔の8回」に苦しんだのがうそみたいだよ。「6月になったら…」と言っていた原監督。思い描いた通りの形ができてきたね。交流戦優勝、さらにリーグ戦に戻っての上位追い上げに手応えを感じているんじゃないかな。(スポニチ本紙評論家)

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2023年6月16日のニュース