×

中日・石川昂 シート打撃で快音「重心を低くすること、タイミングを少し早くとることを意識」

[ 2021年11月20日 05:30 ]

高速でのティー打撃に苦しい表情を見せる中日・石川昂(右)と笑顔の中村紀打撃コーチ
Photo By スポニチ

 中日・石川昂が秋季キャンプのシート打撃で2安打2打点と活躍した。カウント2―2からスタートする設定で行われ、上田と対戦した4打席目に無死二塁から三塁線を破る適時打。5打席目は1死三塁から垣越の116キロのスライダーをとらえワンバウンドでフェンスに達する中越え二塁打を放った。石川昂は「重心を低くすること、タイミングを少し早くとることを意識した。(二塁打は)良い角度で上がってくれた」と手応えを口にした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月20日のニュース