×

日本ハム伊藤大海 新庄ビッグボスとやっと初対面「吸い込まれるような感じ。僕も…」球界の新庄2世名乗り

[ 2021年11月20日 16:54 ]

<日本ハム練習>あいさつに来た伊藤(左)と話をする新庄監督(撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 日本ハムの伊藤大海投手(24)が20日、千葉・鎌ケ谷の2軍施設で秋季練習を初視察した「ビッグボス」こと新庄剛志監督(49)と念願の初対面を果たした。

 秋季キャンプ不参加で新庄新監督と会えていなかった伊藤。新監督就任の一報には「普通にやってもおもしろくないだろっていう感じがある。僕自身はついていく自信はある。そういうのが好きなので。それに応えられるように頑張りたい」とチルドレン入りを熱望していた右腕が、ついにビッグボスと初対面した。

 初めて会って話した印象を聞かれた伊藤は「かっこいいなと。お話ししていて、吸い込まれるような感じだったので、僕もそういう人間になりたいなと思いました」と目を輝かせ“球界の新庄2世”に名乗りを上げた。視察に訪れグラウンドに入ってきた新庄監督を見るやいなや「『今だ』と思って」駆け寄りあいさつ。そして「いろいろこれからの起用法だとか、そういうので『付いてきてくれ』と言うのは話されたので、しっかり応えていけたらなと思います」と新庄監督のために腕を振る決意を新たにした。

 ビッグボスは自らのSNSで髪型や服装についての指導も行っているが「何人かは髪(のこと)を言われていたみたいなんですけど、僕は言われていないので。しっかり手入れをしながら、新庄さんを見たら髪を短くしたいなと思っちゃいますけど、自分を貫けるように頑張ります」と引き続き髪は伸ばすつもりだ。

 伊藤はSNSでバッティングする動画を上げていたが「特に触れてもらえなかったので、もうちょっと頑張りたいと思います」と苦笑いを浮かべながら、もっともっと新庄監督にアピールしていくことを宣言。早速あいさつ終わりに「僕はまだポーズができていなかったので、誰か撮ってくれないかな思ってやりました」と「ビッグボスポーズ」でアピールを忘れなかった強心臓ルーキーは、2年目も「ビッグボスイズム」を吸収しながらも、自分の道を突き進む。

 〇…過去に新庄監督の印象を問われた北海道出身の右腕は幼少時代、何度も札幌ドームへ観戦に訪れ、新庄氏のパフォーマンスに魅せられたという。新庄氏の印象について「(04年球宴の)ホームスチールと試合前のパフォーマンス」と返答。「自分はファイターズしか見ていなかったので、他の球団もこういうこと(パフォーマンス)をやっているのかなくらいに、当たり前に見ていた。今、思ったら凄いことだな」と当時を懐かしんでいた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月20日のニュース