×

劇的すぎる!オリックス中嶋監督、ナインは「凄かったとしか…」第2戦以降も「何か起こします!」

[ 2021年11月20日 22:20 ]

SMBC日本シリーズ2021第1戦   オリックス4―3ヤクルト ( 2021年11月20日    京セラD )

サヨナラ打を放った吉田正(左)を出迎える中嶋監督(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 25年ぶりにリーグ優勝を果たしたオリックスは、20日に開幕した「SMBC日本シリーズ2021」の第1戦でヤクルトに9回サヨナラ勝ちを収め、劇的に初戦を奪った。

 1―3の9回。2点を追う状況でも、選手の誰一人として諦めていなかった。宗の2点同点中前打でホームのボルテージはMAXに。一塁ベース上で何度も雄叫びを上げベンチを鼓舞する宗の思いに吉田正が応えた。ヤクルト守護神マクガフの初球153キロ直球を捉えてセンター頭上を越えるサヨナラ打。9回1死も取られず一気の劇的逆転勝利に中嶋監督は「はい。凄いです。凄かったとしか言えないですね」と“らしく”淡々と話した。

 そして「全ての選手たちが最後まで諦めなかったのことが勝利につながった」と頼もしいナインたちの底力を素直に称えた。しかし、相手のヤクルトも強かった。2年目の奥川を攻略はできなかった。「相手も強い。こっちもそれ以上の気迫で向かっていく」と劇的な勝利に酔うことなく、すぐに第2戦へ視線を向けた。最後に京セラDのファンに向かって約束した。

 「これからも応援よろしくお願いします。何か起こします!」

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月20日のニュース