×

ヤクルトは奥川が先発、オリックスは“予告”通り由伸 日本シリーズ初戦スタメン発表

[ 2021年11月20日 17:27 ]

SMBC日本シリーズ2021第1戦   オリックス―ヤクルト ( 2021年11月20日    京セラD )

試合前練習で笑顔を見せる奥川(左)と高橋 (撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 「SMBC日本シリーズ2021」は20日、京セラドーム大阪で開幕。6年ぶりにセ・リーグ優勝を果たしたヤクルトと25年ぶりにパ・リーグを制したオリックスが激突する。

 午後6時開始の試合に先立って先発メンバーが発表され、先発投手はともに10日のクライマックスシリーズ(CS)ファイナルステージ初戦でそれぞれ巨人、ロッテに完封勝利した右腕同士の対決となった。先攻のヤクルトはプロ2年目でチーム最多タイの9勝をマークした奥川恭伸投手(20)。後攻のオリックスはプロ5年目でパの最多勝、最優秀防御率、最多奪三振などタイトルを総なめにした侍ジャパンのエース、山本由伸投手(23)が先発マウンドに上がる。

 セ・パ両リーグともに前年度最下位チームが優勝するのは史上初。ヤクルトの高津臣吾監督(52)とオリックス・中嶋聡監督(52)はともに1968(昭和43)年度生まれの同学年ということでも注目される。19日に行われた監督会議では4年ぶりに予告先発を採用しないことが決定。だが、中嶋監督だけが山本が予告先発投手であることを明言していた。なお、日本シリーズは7試合制で行われ、ヤクルトは20年ぶり、オリックスは25年ぶりの日本一を目指す。

 両チームの先発メンバーは以下の通り。

 【先攻・ヤクルト】
 1番・中堅 塩見
 2番・左翼 青木
 3番・二塁 山田
 4番・三塁 村上
 5番・DH サンタナ
 6番・捕手 中村
 7番・一塁 オスナ
 8番・右翼 宮本
 9番・遊撃 西浦
 投手:奥川

 【後攻・オリックス】
 1番・中堅 福田
 2番・三塁 宗
 3番・DH 吉田正
 4番・右翼 杉本
 5番・一塁 T―岡田
 6番・二塁 安達
 7番・左翼 ラベロ
 8番・遊撃 紅林
 9番・捕手 若月
 投手:山本

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年11月20日のニュース