広島・玉村「負けられない試合」で粘投4勝目 マエケン以来、球団高卒2年目の100イニング超え

[ 2021年10月18日 05:30 ]

セ・リーグ   広島4-2阪神 ( 2021年10月17日    甲子園 )

<神・広22> 阪神に勝利し、ガッツポーズする玉村(撮影・平嶋 理子)  
Photo By スポニチ

 広島・玉村は6回1/3を自己最多に並ぶ121球を投げ2失点で踏ん張り4勝目をあげた。

 「負けられない試合。しびれる展開の中で投げられたのはよかった」。

 8安打されたが5回まで無失点で、6回無死一塁からロハスに2ランを浴びたのが唯一の失投だった。

 シーズン投球回が101イニングとなり高卒2年目では08年前田健太(109回2/3)以来の100イニング超え。「いい経験もしたけど、悔しい方が多い。途中で代えられることも多かった」と反省を口にした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月18日のニュース