×

阪神・近本が“Wバース超え” シーズン177安打&球団史上2人目の今季60度目マルチ

[ 2021年10月18日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神2-4広島 ( 2021年10月17日    甲子園 )

<神・広22> 初回無死、近本は中前打を放つ(撮影・平嶋 理子)  
Photo By スポニチ

 一夜で“Wバース超え”を果たした。阪神・近本が、球団史上2人目となる今季60度目のマルチ安打、球団11位タイのシーズン177安打をマーク。いずれもバースの記録を抜き去る偉業で、チームが痛恨の敗戦を喫した中でリードオフマンの奮闘が救いになった。

 2週間ぶりに立った聖地の打席。今や、虎のヒットマンの代名詞とも言える「初球打ち」で、いきなりスタンドを沸かせた。初回、左腕・玉村の145キロ直球を奇麗に中前にはじき返した。得点にこそ結びつかなかったものの、勢いは加速。3回1死二塁で迎えた第2打席も、初球の外角寄りのスライダーを捉えて右前に運んだ。

 瞬く間の2本で50年の藤村、86年のバースの59度を超えるシーズン60度目の複数安打。積み上げた今季177安打も同年のバース(176本)を上回り、球団の左打者では05年赤星(190安打)、金本(183安打)に次いで3位に浮上した。史上最強とうたわれる伝説の助っ人に負けない、新世代をけん引する背番号5の躍動。矢野監督も「自信にして良いんじゃないの。1年目より2年目、2年目より3年目っていう。その右肩上がりは、なかなかいかないんだけど、実際にやっているわけだから」と美しいほどの成長曲線に目を細めた。

 4試合連続の複数安打と好調をキープ。それでも、チームの敗戦に喜びは多くない。リーグトップの安打数、打率1位も狙える位置でも、前日は「タイトルのことを考えてもあまり良い方向にも働かない。残りの試合に全部勝つことができるように」と宣言していた。個人記録には目もくれず、この夜の2安打もあくまでチームの勝利のために、最善を尽くした結果に他ならない。

 9回は2死一、二塁で遊ゴロに倒れ、最後の打者になった。2つともした「H」ランプに満足するより、勝負どころでの凡退を糧にする。(遠藤 礼)

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月18日のニュース