×

斎藤佑樹、最後の7球に込めた思い「ファイターズの一員として投げられて、幸せな気持ちで投げられた」

[ 2021年10月18日 05:30 ]

【日本ハム・斎藤佑樹投手引退試合】パ・リーグ   日本ハム4―3オリックス ( 2021年10月17日    札幌D )

引退会見で、ハンカチを手にポーズを決める日本ハム・斎藤(撮影・高橋 茂夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムの斎藤佑樹投手(33)が17日、引退試合として行われたオリックス戦に臨んだ。打者1人に7球を投げ、降板後のベンチでは大粒の涙を流した。早実時代、06年夏の甲子園で優勝を果たして「ハンカチ王子」フィーバーを生み、早大でも活躍。故障にも苦しんで通算15勝に終わったプロ11年間の現役生活に別れを告げ、ファンへ感謝の思いをあふれさせた。

 一問一答は以下の通り。

 【試合前】

 ――今の心境を。
 「長いようで、この11年間はとても短く感じた。今日が本当に最後なんだと、信じられないような感じです」

 ――家族にはどのように伝えた。
 「今年でやめます、とシンプルに言いました」

 ――引退表明後は同じ世代の戦友の皆さんからメッセージが表明された。そういう仲間はどういう存在か。
 「本当に同世代の活躍はとても刺激になりましたし、僕が頑張る原動力になりました。現役でまだ頑張っている選手にはこれからももっと頑張ってもらいたいです」

 ――うれしかったシーン、苦しかったシーンは。
 「うれしかったシーンはたくさんあるけど、やっぱり12年の開幕投手を栗山監督から指名してもらって完投勝利できたことはとてもうれしかった。苦しかったことで言えば、基本的にずっと苦しかった。今思えば、たくさんの人に迷惑をかけましたけど、いい経験をさせてもらった」

 ――同じタイミングで栗山監督の退任が発表された。
 「栗山監督にはたくさん迷惑をかけましたし、たくさん面倒も見てもらった。その中で叱られたことも褒められたこともある。プロ野球選手生活でたくさんのことを教えてもらったので感謝してもしきれないくらい」

 ――苦しい時間も監督は気に掛けていた。
 「会うたびに掛けられる言葉というのは、ひと言ひと言に重みがありました。ひと言ひと言が僕にとって前に進むために必要な言葉だった」

 ――今、自分自身に声を掛けるとすれば。
 「難しいですね。自分自身に声を掛けるとしたら、休んでいる暇はないぞ、この先もファイターズや野球界に対して恩返しをするために次の準備をしなさい、ということですかね」

 【試合後】

 ――最後の7球に込めた思いは。
 「最後にチャンスをいただいて、ファイターズのチームの一員として投げられて、幸せな気持ちで投げられました。抑えに行く準備をして。いつも通りの準備をしました」

 ――真剣勝負。
 「一球一球、自分のボールをどういうコースに投げようか考えて投げていた。(最後は)ツーシーム。ただただ抑えに行っただけ。その中での選択肢です」

 ――また会いましょう、とは。
 「斎藤佑樹という選手をずっと応援してくれていたファンの方に、いつか何かの形で関わりたいなという気持ちです」

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月18日のニュース