阪神・坂本は頼れるムードメーカー 伊藤をいじり、ヤクルト戦へ虎党に呼びかけ「皆さんも一つに」

[ 2021年10月18日 22:17 ]

セ・リーグ   阪神2ー1広島 ( 2021年10月18日    甲子園 )

<神・広(23)> ヒーローインタビューで笑顔を見せる阪神・坂本(左)と伊藤将 (撮影・平嶋 理子)  
Photo By スポニチ

 阪神・坂本がお立ち台でもムードメーカーぶりを発揮した。

 「ケツに当たるのも将らしいなと」7回左臀部(でんぶ)付近に打球を受けた左腕を笑顔でイジりながらも、好リードで9勝目へ導いた。

 試合以外でも、虎メダルを作るなどチームを盛り上げている。「チームひとつになって。選手もですけど。ファンの皆さんもひとつになって相手に向かっていくって姿勢が大事だと思ってるんで、みなさんも是非、そういうパフォーマンスの時は一緒にやっていただけたらなと思ってますので、声は出せないかもしれないですけどパフォーマンスお願いします」と19日からのヤクルトとの大一番へ向け、ファンと一緒に戦うことを誓った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月18日のニュース