×

ロッテ 西武下して首位浮上!美馬が7回1失点の好投で6勝目 優勝マジック6に減らす

[ 2021年10月18日 20:50 ]

パ・リーグ   ロッテ2ー1西武 ( 2021年10月18日    メットライフ )

<西・ロ>7回を1失点に抑えベンチ前でグラブを叩く美馬(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 2位ながら優勝へのマジックが7となったロッテは18日、敵地で5位・西武に2―1で勝利。この日試合のなかった首位オリックスとはゲーム差なしとし、勝率で上回り9月30日以来の首位に浮上。マジックも1つ減らして6。最短Vは24日となった。

 打線は初回、1死二塁からマーティンが中越え適時二塁打を放ち1点を先制。相手先発・与座の投じた9球目、外角低めのシンカーを捉え6日西武戦以来10試合ぶりとなる打点を挙げた。

 1―1の同点で迎えた7回には2死一、二塁からレアードが左前適時打を放ち1点を勝ち越し。3番手・森脇の投じた初球、内角高め145キロのストレートに詰まりながらもレフト前へ運び決勝点が生まれた。

 先発の美馬は初回、2死二塁から中村に中前適時打を浴び同点とされるも2回以降はピシャリ。7回96球を投じ、4安打9奪三振1失点の好投で6勝目。8月31日の西武戦以来、6試合ぶりの白星を手にした。

 1点リードの9回には守護神・益田が3番手として登板。ブラドン、森、中村を3者凡退で抑え37セーブ目を挙げた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月18日のニュース