西武・松坂に辻監督は「打席に立つか?」と提案していたことを明かす 「思い切り楽しんでほしい」

[ 2021年10月18日 21:44 ]

<西・日25>キャッチボールで汗を流す松坂 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 西武の辻発彦監督(62)が、19日の日本ハム戦が引退試合となる松坂大輔投手(41)に「マウンドに上がって投げれば、それで十分だと思います。思い切り楽しんでほしいと思います」とエールを送った。

 この日、1軍に合流した松坂には「本当に投げられるようになってよかったね」と声を掛け「冗談で“打席も立つか?”と話した。ビジターだったらできるんだけどね。打って、次ピッチャーできるんだけど」とウルトラCプランを披露した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年10月18日のニュース