×

ダース・ローマシュ匡さんから斎藤佑樹へ「ありがとう」 甲子園で投げ合い、日本ハムで同僚

[ 2021年10月18日 05:30 ]

日本ハム・斎藤佑樹投手引退試合 ( 2021年10月17日 )

2006年のセンバツで関西・ダースが早実・斎藤(左)の前に左飛に倒れる
Photo By スポニチ

 高校時代に投げ合って日本ハムでは同僚になったダース・ローマシュ匡さん(32)が思いを語った。

 ダースさんが掛けたい言葉は「お疲れさま」ではなく「ありがとう」だ。自身にとって斎藤は元ライバル、元同僚の間柄だが、それ以上の存在だった。

 「田中(将)選手とともに世代をつくってくれた。斎藤佑樹しかできなかった。ありがとうと言いたい。感謝しています」
 初めて見た高2時の明治神宮大会では「まとまった投手」という印象。自身は2番手で9回2/3を投げ、斎藤は15回を完投して再試合となった3年センバツでは「タフだな」と感心し、948球を投げた3年夏の甲子園では「バケモノだな…」に変わった。あらゆる面で完成された姿に、感嘆するしかなかった。

 再会したのは投げ合ってから4年後。ダースさんは右肘のじん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)後のリハビリ中だったが、冗談を飛ばし合う仲になるまで時間はかからなかった。自身の引退後は、LINEで「(故障から)復活してくれよ」などとメッセージを送っていたという。

 「最高ですよ、斎藤佑樹は。アニメのキャラクターみたいな野球人生。映画や小説もつくれそう。同世代として誇りを持っているし、戦ったことは自慢。野球界から離れてほしくない」。斎藤はいつまでも、世代を代表する存在として輝いている。(大林 幹雄)

 ◇ダース・ローマシュ匡(たすく)1988年(昭63)12月15日生まれ、奈良県出身の32歳。関西から06年高校生ドラフト4巡目で日本ハム入り。10年8月に右肘手術を受け、11年限りで引退。通算2試合で0勝1敗0セーブ、防御率3・68。現在はダルビッシュ(パドレス)のマネジャーを務める。現役時代のサイズは1メートル91、78キロ。右投げ右打ち。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月18日のニュース