×

「斎藤は“斎藤佑樹”を演じていた」早実、早大でバッテリーの白川さん プロでの苦悩を思いやる

[ 2021年10月18日 05:30 ]

日本ハム・斎藤佑樹投手引退試合 ( 2021年10月17日 )

06年、夏の甲子園で優勝しバンザイする早実・斎藤(手前)に駆け寄る白川
Photo By スポニチ

 日本ハム・斎藤佑樹と高校、大学でバッテリーを組んだ白川英聖さん(33)が思いを語った。

 早実、早大で7年間、斎藤とプレーし、現在は会社員の白川さんは、プロでの斎藤の苦悩を思いやった。

 「高校と大学、大学とプロでも別物でしたよね。ダルビッシュ投手、涌井投手、田中(将)投手も体の変化に合わせて(投球スタイルが)変わっていった。斎藤はケガもあったし、つかみきれないまま11年が過ぎたのかなと」

 自身は高2の5月、投手から捕手に転向。秋の明治神宮大会で駒大苫小牧に敗れた一戦がバッテリーの転機だった。「“全国ではまだ力が足りないね”と、打たれた球とか、ウイニングショットとか、監督さんにアドバイスをもらいながら2人で議論した」という。

 「ハンカチ王子」は甲子園優勝で一気に時の人に。でも、素顔は変わらない。「世間がつくったキャラに斎藤が合わせていたような気がします。僕らの前では何も変わらなかった。普段の彼と公共の場で彼は違うのは、みんな分かっている。斎藤は“斎藤佑樹”を演じていたと思います」。斎藤がプロ入り後も忘年会で顔を合わせては昔話で盛り上がる。

 今後に向けては「指導者としては、もがき苦しんだ経験は大事だと思うので、彼の強みになる。知名度もあって野球の普及活動もできる。人生は長い。頑張ってほしいですね」とエールを送った。(川島 毅洋)

 ◇白川 英聖(しらかわ・ひでまさ)1988年(昭63)4月2日生まれ、東京都出身の33歳。早実2年時に投手から捕手に転向し、同年秋からレギュラー。3年時は春夏連続で甲子園に出場し、夏は全国制覇に貢献。早大でも捕手としてプレーした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「落合博満」特集記事

2021年10月18日のニュース