21日、臨時運営委員会で甲子園開催方法を協議 抽選もオンラインなどを検討

[ 2021年7月21日 05:30 ]

甲子園球場
Photo By スポニチ

 日本高野連は、第103回全国選手権大会の臨時運営委員会を21日に開催する。観客の受け入れや組み合わせ抽選会日程、球児らへのPCR検査の実施などについて協議する。

 日本高野連は新型コロナウイルス感染状況の推移や政府、自治体の対応を見極めるため、判断を先送りにしていた。組み合わせ抽選会は、例年のように大阪市内に各校主将が集まる形ではなく、オンライン実施などを検討。今年は2年ぶりに夏の甲子園大会出場を懸けた地方大会が行われ、沖縄大会では沖縄尚学が全国一番乗りで出場を決めている。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年7月21日のニュース