後半戦へ復調目指す大山に「去年に戻そうというのは、もちろん悪いことではない」 阪神・矢野監督語録

[ 2021年7月21日 05:30 ]

練習を見守る矢野監督(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 【20日の阪神・矢野監督語録】

 ▼大山はいろいろ試せばいい いろいろ試したらいいんじゃないかなと思う。去年に戻そうというのは、もちろん悪いことではないし、いい感覚をね。チャレンジしていくことも気持ちの中ですごく大事。去年の形のまま打てるというのはないから。進化していくとか、変えていく勇気というのは持ちつつね。でも、自分の中心になる、変えたくない部分は変えずにいくというのも大事。

 ▼エキシビションマッチは好機 立場にもよるけどね。シーズン中でも試しているんだよ。自分の感じ的には変えていることはいっぱいあって。ピッチャーだってたぶんいろいろ変えている。エキシビションの方がやりやすいじゃん。打率も防御率も残るわけじゃない。そういうところでは、シーズン中にもやっていることはあるだろうけど、思い切ってやるチャンスでもあるかなと思う。

 ▼五輪組にエール 俺も経験させてもらったけどね。体力的にも気持ち的にもプレッシャーがかかるし、しんどいけど。将来振り返った時にはやっぱり、あの日本代表で日の丸背負うっていうことはすごいことって、自分自身は思える。そこでしか経験できなかったことというのは、実際あったからね。

続きを表示

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年7月21日のニュース