阪神・ガンケル&アルカンタラが再入国 五輪の中断期間を利用して一時帰国

[ 2021年7月21日 18:19 ]

阪神・アルカンタラ

 阪神は21日、ジョー・ガンケル投手(29)、ラウル・アルカンタラ投手(28)がこの日入国したことを発表した。

 前半戦終了後にマルテ、スアレス、ロハス・ジュニアとともに五輪の中断期間を利用して一時帰国。前日20日にはロハス・ジュニアが入国していた。

 今後は隔離期間を経て、チームに合流する予定。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年7月21日のニュース