広島「長野組」VS「松山組」の紅白戦決定 メキシコ戦中止受けて企画 選手の組み分けはドラフト制

[ 2021年7月21日 19:58 ]

広島・長野
Photo By スポニチ

 広島・佐々岡真司監督(53)は21日、24日に紅白戦を実施することを明かした。同日はメキシコ代表との練習試合を予定していた中、同代表選手に新型コロナウイルスの陽性者が出たことで中止。代わって5回制の紅白戦を行うことになった。

 チーム名は「長野組」と「松山組」となり、全体練習が行われた21日中にドラフトによる選手の組分けも実施。2軍から選手2人が合流予定で、指揮官は「(そのまま1軍に残る)チャンスがゼロではない。いい形を見せてほしい」と期待した。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年7月21日のニュース