巨人の高卒3年目右腕・直江 25日の侍ジャパン強化試合で先発 後半戦先発枠入りへアピール

[ 2021年7月21日 05:30 ]

巨人・直江
Photo By スポニチ

 巨人の高卒3年目右腕・直江が、25日に行われる侍ジャパンの強化試合(楽天生命パーク)で先発する。宮本投手チーフコーチは「若い、コントロールのいい投手ということで」と理由を説明した。

 直江は昨季10月の椎間板ヘルニアの手術から復活し、今季ここまで2試合に1軍登板。現在は2軍で研さんを積むが、同僚の坂本やヤクルト・村上、広島・鈴木誠ら強打者を相手に結果を残せば、後半戦の先発枠入りへ大きなアピールとなる。

 チームはこの強化試合のほか、8月5日までのオリックス、ソフトバンクとのエキシビションマッチ計5試合を若手競争の場に設定。宮本コーチは「後半戦、戦力になってくれるであろう選手をピックアップして連れていく」と話した。平内、戸田、古川、堀岡らはリリーフ候補としてサバイバルに挑む。(田中 健人)

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月21日のニュース