タイブレークで甲子園出場を逃した木更津総合・五島監督「ちょっと気の毒。みんな号泣していました」

[ 2021年7月21日 16:08 ]

第103回全国高校野球選手権 千葉大会 決勝戦   木更津総合6―10専大松戸 ( 2021年7月21日    ZOZOマリン )

<専大松戸・木更津総合>13回、サヨナラ満塁弾を放ち号泣する吉岡を迎える専大松戸ナイン(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 タイブレーク方式となった延長13回で敗れた木更津総合の五島卓道監督は「タイブレークの前にもうちょっと点を取りたかった」と振り返った。

 3点を先制したが、中盤に逆転を許した。それでも終盤の粘りで6―6と追いついたが、タイブレークで涙を飲んだ。

 試合後、ナインはベンチ裏で号泣していたという。コロナ禍で練習時間も制限があり、タイブレークの練習時間を満足に作れなかった。五島監督は「余裕があれば練習するが出来なかった。(選手は)ちょっと気の毒な気がします」と本音を漏らした。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年7月21日のニュース