村上も誠也も浅村も!侍全員にバント指示出す 元つなぎの4番・稲葉監督、一発勝負での犠打の重要性説く

[ 2021年7月21日 05:30 ]

侍J強化合宿2日目

バント練習をする村上(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 東京五輪に出場する侍ジャパンは20日、楽天生命パークでの強化合宿(一般非公開)の2日目を迎え、野手全員がバント練習を行った。広島・鈴木誠也外野手(26)を筆頭に、各球団の強打者がそろうが、稲葉篤紀監督(48)は打順を問わず1点が欲しい場面ではバントを指示する考え。4番も、本塁打王も関係なく、1点を取りにいくための基本を徹底し確認した。

 名刀ぞろいの侍戦士が、打撃マシン相手に地道に球を転がし続けた。豪快なフリー打撃が行われている片隅で、野手全員が交代で行ったバント練習。午前中のミーティングで指示したという稲葉監督が、思いを説いた。

 「国際大会は一発勝負なので。一発勝負ではバントが大事になる。誰もが(可能性が)あるので、全員やっておいてくださいと話した」

 吉田正や村上は1軍公式戦で犠打ゼロ。チームではほとんど送りバントのサインが出ない主砲たちも、コツンコツンと基本を確認した。村上とともに4番候補の鈴木誠も「どんな状況になるか分からない。いろんなことができた方が、いざ試合で(サインが)出た時に不安にならない」と自覚十分。昨季本塁打王の浅村も「どの選手にもバントを出すと言われた。やれることはやっておく」と反復作業に没頭した。

 稲葉監督は現役時代に侍ジャパンの4番も打ってきたが「私の場合はバントもするつなぎの4番」と公言してきた。その精神が宿ったのが08年北京五輪。当時の星野監督の「全員できるようにしておけ」という号令の下、野手全員がバント練習を行った。09年WBC決勝・韓国戦では、延長10回無死一塁で自身が送りバントを決め、イチローの決勝タイムリーを呼び込んだ。

 初見の投手相手にそう連打は期待しにくい国際大会で、1点を確実に取りたい場面が必ず訪れる。19年のプレミア12でも丸や松田らに送りバントをさせ、10年ぶりの世界一につながった。スーパーラウンドのオーストラリア戦では、2死三塁から源田がとっさの機転で決めたセーフティーバントが起死回生の同点を生み、流れを変えた。

 「みんな積極的にやってくれた。そこを理解してくれていると思う」と稲葉監督。凡事徹底。単に技術だけではなく重要な侍の精神が全員に浸透していった。(後藤 茂樹)

 《アテネでは小笠原、ノリ、由伸が犠打》04年アテネ五輪のキューバ戦ではそれまでプロ通算0犠打の小笠原道大(日)が三犠を決めたほか、台湾戦では中村紀洋(近)、カナダとの3位決定戦では高橋由伸(巨)も犠打。06年WBCでは2次ラウンドのメキシコ戦、韓国戦で1番に座ったイチロー(マリナーズ)が犠打を記録している。09年WBCでは同じマリナーズの城島健司が準決勝の米国戦で三犠を成功。17年WBCでは準決勝の米国戦で、15、16年トリプルスリーの山田(ヤ)が投犠を決めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年7月21日のニュース