東海大相模・石田 けん制で刺して9回猛攻呼んだ プロ注目左腕が好救援&V撃、3回を零封3K 

[ 2021年7月21日 05:30 ]

全国高校野球選手権神奈川大会4回戦   東海大相模7-1川和 ( 2021年7月20日    サーティーフォー保土ケ谷 )

<川和・東海大相模>力投する東海大相模3番手・石田(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 東海大相模・門馬敬治監督が「今日はあれが全てだった」と振り返ったビッグプレーだった。

 1―1の8回2死二塁。遊撃手の大塚瑠晏主将(3年)が二塁ベースに向かって走る。同時にエース・石田隼都(3年)が二塁にけん制球を投げた。完璧なタイミングでアウト。今秋ドラフト候補に挙がる左腕は「あれで流れが変わってビッグイニングになった。貢献できて良かった」と胸を張った。

 石田は直後の9回1死二、三塁の好機で右前に決勝の2点タイムリーを放った。変化球に食らいついて一挙6得点の猛攻を呼び込み「次につなぐ気持ちだった」と胸を張った。

 今夏2度目の登板では救援で7回から登板し、3回を2安打無失点で3奪三振。「最後の夏は負けられない。エースの自覚を持ってやっている」と力を込める。チームは8回まで1―1と緊迫した試合を制して16強入り。今夏限りで退任する門馬監督は「勉強になった。勝ったからナイスゲーム」と口元を引き締めた。(川島 毅洋)

 ◇石田 隼都(いした・はやと)2003年(平15)4月5日生まれ、栃木県出身の18歳。小3から野球を始め、真岡中では真岡ボーイズでプレー。東海大相模では1年春からベンチ入りし、1年夏と2年夏の交流試合で甲子園で登板。3年春は防御率0・00で優勝に貢献。1メートル83、73キロ。左投げ左打ち。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年7月21日のニュース