3軍監督「二岡軍」が下克上!巨人3チーム対抗戦 湯浅、松原が連続適時打で躍動

[ 2021年7月21日 15:59 ]

<リアルジャイアンツカップ>2回、松原の適時打で生還した湯浅を迎える二岡監督(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 巨人は21日、東京ドームで3チーム対抗戦を開催した。1軍ヘッドコーチの「元木軍」、2軍監督の「阿部軍」、3軍監督の「二岡軍」とし、本塁後方のバックネット裏から原監督が視察した。表、裏に「中」を加えた7回制で3チームが同時に試合を実施した。

 (ルール)
 1~3軍の野手を対象に19日にドラフト会議を実施し、メンバーを決めていた。イニングを任される投手はあらかじめ決まっていて、その投手から何点を取れるかを競う。

 (試合展開)
 「元木軍」は初回、3番・北村が桜井から左越えソロを放ち、先制した。6回には右前打で出塁した走塁のスペシャリスト・増田大が二盗を決め、捕手の失策を誘って三塁に進塁。大城の中前適時打で生還した。
 「二岡軍」は初回に石川の左中間適時二塁打で1点。さらに2回に井納を攻め、湯浅の左翼線2点二塁打と、松原の右前適時打で3点を奪った。
 「阿部軍」は3回に育成捕手の喜多が直江から中越え二塁打して三塁進塁後、広岡の二ゴロの間に1点を奪った。
 首脳陣にとっては普段目が届きにくい「新戦力」発掘がテーマ。2、3軍選手から1軍選手に交じり、これ以上ないアピールの場となった。

(結果)
「元木軍」2得点
「二岡軍」5得点
「阿部軍」1得点
で二岡軍が勝利した。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「新庄剛志」特集記事

2021年7月21日のニュース