ロッテ・山口「4番は楽しい」 2戦連続4番起用に応えた!初回先制打

[ 2021年3月1日 05:30 ]

練習試合   ロッテ9-3西武 ( 2021年2月28日    春野 )

<西・ロ>初回1死二、三塁、先制右前適時打を放つ山口(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 ロッテの高卒3年目・山口が2試合連続で4番起用され、初回1死二、三塁から先制打を放った。平井の直球を右前へ運び「内野が後ろで守っていたので、二ゴロを打つイメージだった」と状況に応じた打撃を見せた。

 待望の右のスラッガー。明桜(秋田)時代はエース兼主砲で高校通算25本塁打を放ち、プロに入って野手一本に絞った。過去2年間は1軍出場はないが、今キャンプで初めて1軍に抜てき。実戦10試合で29打数9安打、打率・310と結果を出している。

 持ち味の一発は出ていないが「(下位よりも)打席が回ってくるし、4番は楽しい。そのうち打球も上がる」と言い、井口監督も「このまま4番で頑張ってほしい」とオープン戦でも4番でチャンスを与える意向だ。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月1日のニュース