レイズ筒香 OP戦初戦「6番・左翼」で先発出場、無安打も「充実した2打席だった」

[ 2021年3月1日 05:40 ]

レイズ・筒香
Photo By スポニチ

 レイズの筒香嘉智外野手(29)は、2月28日(日本時間3月1日)のオープン戦初戦に「6番・左翼」で先発出場。第1打席は2回の先頭でブレーブスの先発右腕カイル・ライトにフルカウントから中飛、第2打席は3回無死一塁で左腕ショーン・ニューカムのまっすぐにカウント1-2から見逃し三振。2打数0安打だった。5回表の守備から退いた。

 試合後の一問一答は以下の通り。

 ――今日の結果について。
 充実した2打席だったかなと思っています。

 ――感情の高ぶりはあったか。
 まだ初めての試合で開幕まで試合数もたくさんある。徐々に上げていけたら良いかなと思っています。今日はやりたいことがしっかりできたという感覚があります。

 ――やりたかったこととはなにか。
 久しぶりの対戦で間合いであったり、練習と試合のつながりであったり、身体全体の中で左足があるとかいろいろありますけど、その辺がしっかりできていた感覚があります。

 ――右投手、左投手とさっそく対戦できたが。
 左右は今の段階でどうこうはないです。

 ―― 一塁守備の実戦準備もしている。
 守備練習はコーチとすでに始めています。この先、4試合目で一塁を守りますので、明日も練習します。

 ――感触は、準備はできているか。
 練習と試合では違うので、もちろん外野と距離も違うので、その辺は試合に入らないとわからないです。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月1日のニュース