楽天の4年目左腕・渡辺佑が支配下復帰!サイドスロー転向で「道が開けた」戦力外から3カ月

[ 2021年3月1日 20:03 ]

楽天・渡辺佑
Photo By スポニチ

 楽天は1日、育成選手の渡辺佑樹投手(25)と支配下契約を結んだことを発表した。背番号は「150」から「45」に変更となり、球団を通じて「もう一度チャンスをくださった球団に感謝したいです。チームの勝利に貢献することが恩返しになると思う」とコメントした。

 横浜商大から17年ドラフト4位で楽天入り。1軍で勝利を手にできないまま、昨年11月に戦力外通告を通告された。ただ、サイドスローへの転向を条件に育成再契約。直後のフェニックス・リーグで結果を出し、今年1月の自主トレでは元同僚でサイドスロー左腕の巨人・高梨に弟子入り。2月の沖縄キャンプは育成選手で唯一、1軍メンバーに抜擢され、実戦ではリリーフで4試合連続無失点と結果を残した。

 わずか3カ月で変則左腕としてスタイルを確立し、支配下復帰を勝ち取った。石井一久GM兼監督は「こちらからリクエストで苦労をかけたので、それに応えるというか、それ以上の答えを持ってキャンプに臨んでくれた」とメッセージを送った。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月1日のニュース