西武6位・ブランドン「晴れのち雨」 右翼へソロアーチも3三振

[ 2021年3月1日 05:30 ]

練習試合   西武3―9ロッテ ( 2021年2月28日    春野 )

<西・ロ>4回2死、同点右越えソロを放つブランドン(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 「晴れのち雨」だった。西武ドラフト6位・ブランドン(東農大北海道オホーツク)が4回に右翼へソロアーチ。実戦2本目の一発に「手応えは良かった」と振り返った。

 しかし6回1死二、三塁で見逃し三振に倒れるなど残りの打席は3三振。試合後のミーティングでは辻監督から「若い選手が大事なところでバットが出てこない。そういう選手は使えない」と厳しい言葉を投げかけられた。

 ▼西武・大曲(福岡大準硬式野球部出身のドラフト5位。最速152キロも1/3回3安打4四死球で4失点)緊張で力みにつながった。やはり直球だけでは通用しない。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月1日のニュース