阪神・チェンが「余裕」の虎デビュー 円熟の投球術で2回1失点「これからスピードを上げていきたい」

[ 2021年3月1日 05:30 ]

練習試合   阪神4ー3ヤクルト(特別ルール) ( 2021年2月28日    浦添球場 )

<ヤ・神>初回2死一、二塁、西浦の捕邪飛を指差す阪神・チェン(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神・チェンが虎デビュー戦を2回1失点で終え、有力視される開幕ローテーション入りへ順調に滑り出した。初回は簡単に2死を取った後、山田にチェンジアップを左越え被弾。村上、内川まで3連打を許しても慌てるそぶりはない。西浦を捕邪飛に退けて最少失点でしのぎ、2回はカーブなど変化球の感触を確かめながら下位打線を3者凡退に片付けた。

 「立ち上がりは自分のリズムをうまくつかむことができずに、投げ急いだけど、あとはうまく修正できた。基本的には良かった。これからスピードを上げていきたい」

 梅野との初バッテリーにも息が合っていた。最速142キロを計測した直球で両サイドを攻める場面、緩急を使う場面と状況に応じた投球が収穫だった。「これまで使えるところが限られていたカーブも多めに使って、打者の反応を確かめることができたと思う」。34球の試運転に手応えは上々だ。

 ネット裏の偵察隊は警戒を強めた。古巣・中日の金子スコアラーが「実績十分の余裕ですね。うまい投球をしていた」と評せば、広島・岩本スコアラーも「しっかり低めに集めてくる。なかなか打てる投手じゃない」と要注意マークを付けた。

 日米通算95勝の実績を持ち、高橋が故障離脱した左の先発陣の軸となるのは確実。キャンプ中に15勝指令を出した矢野監督も「最初にしては落ち着いていた。投球術という点でレベルが上がっている」と期待を寄せた。山田に打たれた反省点は、右打者への内角攻めに生かす構えだ。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月1日のニュース