ソフトB・上林が4番の働き 2安打3打点に「いい形で終わることができた」

[ 2021年3月1日 05:30 ]

練習試合   ソフトバンク10-0オリックス ( 2021年2月28日    アイビー )

<ソ・オ>2回2死二塁、右前適時打を放つ上林。投手・榊原(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクの「4番・中堅」で出場した上林は初回無死一、二塁で左中間に2点三塁打を放つなど2安打3打点。「キャンプ最後の試合でいい形で終わることができた。全ての試合で結果が出ているので状態はいい」と胸を張った。

 これで紅白戦を含む実戦8試合は17打数10安打で打率・588、8打点。「全試合出るイメージでやっている。開幕戦でライトを守れるように」と目を輝かせた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月1日のニュース