DeNA・浜口 開幕の相手、巨人に4回1失点 神奈川大1年後輩がマラソン日本新樹立に「刺激になる」

[ 2021年3月1日 05:30 ]

練習試合   DeNA1ー7巨人 ( 2021年2月28日    沖縄セルラー )

<巨・D>先発で4回1失点の好投を見せたDeNA・浜口(撮影・光山 貴大)
Photo By スポニチ

 DeNA・浜口が開幕カードで対戦するセ・リーグ覇者相手に先発し、4回を3安打1失点に抑えた。初回に巨人に移籍した先頭・梶谷と坂本に連打を浴びて先制されたが、2回以降は最速145キロの直球を主体に、武器のチェンジアップもさえて封じ込み「キャンプで取り組んだ真っすぐの強さと落ちる球で勝負することができた」と手応えを口にした。

 初の開幕投手を熱望し、1月の自主トレ中に三浦監督に直訴した。大貫、平良と争っており、指揮官は試合後に「まだ何も決めていない」と話すにとどまった。開幕投手になれなくても巨人戦に投げる可能性はあり「自分のやるべきことを考えて打者と勝負した」と好結果を残した。

 神奈川大で1学年後輩だった鈴木健吾がびわ湖毎日マラソンで日本新記録を樹立。大学時代に箱根駅伝の予選会に応援に行ったこともあり「素晴らしいことだし、刺激になる。僕も負けないように頑張りたい」と気合を入れた。(大木 穂高)

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月1日のニュース