大野豊氏 手術明けの大瀬良に不安要素はゼロ バックドアに見えた完全復活の証明

[ 2021年3月1日 05:30 ]

練習試合   広島8ー2日本ハム ( 2021年2月28日    名護球場 )

大野豊氏
Photo By スポニチ

 【大野豊CHECK】大瀬良は安心させられる内容だった。逆にオーバーペースを心配してしまうくらい、手術後初めての実戦の段階としては、不安な点は何もなかった。

 ボールの質、キレ、制球、全てが本来のものに近かった。中でも一番良かったのは「意図した球が、意図した場所に投げられた」ということだ。3回、平沼、浅間、西川と3人の左打者から三振を奪った。決め球は全て外角からゾーンに入ってくるカットボール。いわゆるバックドアだった。昨年は投げ切れなかった印象がある。それだけに結果ではなく、仮に安打を打たれたとしても、本人は納得のできる球だったのではないか。

 体の状態が悪ければ、腕を振り切れず制球を乱すが、高めに抜ける球もなかった。ボールが指にかかっている証拠だろう。エースである以上、周囲は最低でも2桁勝利は期待する。責任感の強い選手だからこそ、気負わずに調整を進めてほしいが、この試合の投球を見る限り、心配はいらないだろう。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月1日のニュース