今秋のドラフト候補、Honda・檜村「強い打球」に手応え OP戦で1安打1盗塁

[ 2021年3月1日 05:30 ]

<Honda・日体大>7回1死、左前安打を放つHonda・檜村(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 昨年の都市対抗で優勝したHondaが28日、埼玉県川越市の同社グラウンドで日体大とオープン戦を行い、1―5で敗れた。

 2年目で今秋のドラフト候補に挙がる檜村は「6番・遊撃」で出場して3打数1安打、1盗塁。7回に痛烈な左前打を放ち「冬に体重移動を意識したフォームに改良した。強い打球が打てるようになった」と手応えを口にした。

 木更津総合と早大で1学年後輩だった楽天・早川については「自分も頑張ろうと刺激をもらっている」と話し、プロ入りへ向け「勝負強い打撃をアピールしたい」と意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月1日のニュース