阪神 高知・安芸キャンプ打ち上げ 板山が手締めの挨拶「ここからが本当の勝負」

[ 2021年3月1日 13:47 ]

<阪神2軍キャンプ>手締めの挨拶をした板山
Photo By スポニチ

 阪神は1日、高知・安芸で行われていたキャンプを打ち上げた。

 最後の練習を終え、マウンドで平田2軍監督や選手やスタッフが整列。手締めの挨拶はプロ6年目の板山が務め、「安芸市のみなさま、球団関係者のみなさま、阪神園芸のみなさま、ホテルのスタッフのみなさま、1カ月間大変お世話になりました。おかげさまで精一杯1カ月間野球に打ち込むことができました。キャンプは終わりますが、ここからが本当の勝負です。宜野座組に負けないように、1軍の、日本一のワンピースになれるように、1年間精一杯頑張っていきます」と意気込みを口にした。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2021年3月1日のニュース